ケータイ小説 野いちご

涙のむこうで、君と永遠の恋をする。

⑧私の歩く道の先



あれから2日が経った。

あたしは、今も病院に入院し、点滴をしてもらっている。


食欲が沸かず、ご飯が食べられなくて、点滴で補わなければいけなくなったからだ。


「ほのかちゃん、顔を見にきたよ」


お母さんも見てくれている東 和徳先生が、病室へとやってきた。


いけない、起きなきゃ……。

あたしは、起き上がろうとして体に力を入れる。


「っ………」

「そのままで大丈夫だよ」


起き上がろうとしだが、体が動かなかった。


東先生の言葉に甘えて、あたしは、横になったまま、東先生に顔を向ける。

 
「ほのかちゃん、夜は眠れているかな?」


東先生は、あたしの寝ているベッドサイドに丸椅子を置いて、座った。


「夜……」


毎晩、眠りにつくのは朝方で、やっと眠れたと思えば、悪夢にうなされるの繰り返しだ。


「全然、眠れません……」


入眠剤、熟眠剤をのんでも、寝た気がしない。

どうしてか、PTSDの症状がどんどんひどくなっている気もする。





















< 198/ 233 >