ケータイ小説 野いちご

ただただ君が好きでした


星の下のベンチ


―星の下のベンチ―

こんなに楽しい帰り道は高校に入って初めてだった。

やっぱり、友達って大事。
ひとりじゃ、笑えない。

マナ先輩から教えてもらったケータイ番号を見つめる。

メールやLINEだったらもう少し落ち着いて連絡できると思うんだけど……
いきなり電話、緊張がハンパない。

もしお風呂に入っていたら、もし勉強中だったら、と考えているうちにもう9時になった。

お父さんは、残業でご飯もいらないらしいから私は簡単にお茶漬けを食べた。


勇気を出して、電話をかけた。

『もしもし』

あれ、こんな声だったっけ?

「もしもし」

『あ、オハナ?』

電話で聞く声は、いつものマナ先輩の声よりも高く感じた。

でも、耳元で聞こえる大好きな人の声が愛しくて、スマホを耳に押し付けた。

「今、大丈夫ですか」

『ああ、ちょっと外、出るから待って』

ガチャガチャと音がして、マナ先輩の家のドアが閉まったのがわかった。

< 78/ 111 >