ケータイ小説 野いちご

ただただ君が好きでした


新たな私


ー新たな私ー

『誰に切ってもらったの?』

『いつの間に切ったの?』

5限目、桃香たちにからかわれながら授業を受けた。

前髪を切り、見える世界がカラリと変わった。

と同時に、気持ちも大きく変わった。

物理的に見える世界が変わったことで気付く。

今まで何かと私を守ってくれていた前髪の存在。
ほんの少しの視野の変化だけど、前髪がなくなったことで、堂々としていられる気がした。

ニヤつきそうになるのを我慢しながら部室へと向かう。

「なに、その髪っ!」

入口近くで着替えていた日野さんが私の前髪に気付き、吹き出す。

「へへ。おかしい?」

「いや、似合ってんじゃない?すごく子供に見えるけど」

よしよし、狙い通りだ。

「中学生に見える」

「マジ~」

その会話を遠くで聞いていた1年の数人が笑ってくれているのが見えた。

冷たい笑いではないと感じた。




< 56/ 111 >