ケータイ小説 野いちご

ただただ君が好きでした


これを恋というんですか

―これを恋というんですか―


ザッザッザ

石の音がする体育館裏。

マナ先輩は、あの日と同じ場所にあの人同じように座って、音楽を聴いている。

しばらくこのまま見ていたいと思うような、かっこよさだった。


やっとふたりで会えた。

「お、来たか」

私に気付いたマナ先輩は、イヤホンを外す。

「何、聴いてたんですか?」

「今は、英単語。もう留年できねぇからな」

「勉強ですか!受験生ですもんね」

「受験しないけど、受験生」

「え~!受験しないんですか?」

「俺、バカだもん」


目が離せなかった。

久しぶりに近くで見るマナ先輩は、あの日と同じはずなのに、あの日よりもかっこよくてキラキラしてて。
私の中で存在感が大きくなりすぎていて・・・・・・




< 38/ 111 >