ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フレキシブル・ソウル



ふっと部屋が明るくなった。

山のふもとは暗いのを見るに、この病院の非常電源が作動したらしい。

部屋に吹きこむ風雨も、不思議と同時に和らいだ気がする。


心強く灯る照明の下、伸二さんと対峙していたテンが、あーあと大きく息をした。



「“時”が行っちまった、また待ち時間だ」

「それが仕事だ、そもそもお前はあの男から、なんの希望も吸い上げていないだろう」

「言わねえんだもんよ、あのおっさん、トワを死なせちまったのが、よほどこたえたと見えるぜ」



死神たちの会話を聞きながら、村長の様子を確認する林太郎に寄り添った。

林太郎は、首のあたりまで毛布をかけてあげると、念のため、という感じにナースコールをした。

廊下が騒がしいから、どのみちすぐに看護師さんが来てくれるだろう。



「トワとはお前の前任だな? 番号を引き継いだのか」

「そうだよ、10でトワだ、まあ読めなくもないやな」

「なぜ消滅した」

「そこのおっさんが、奴にエサを与えてやらなかったからだよ」

「エサとは」



伸二さんが怪訝そうに眉をひそめる。

テンは、あからさまに見下した顔つきで彼を見返すと。



「かわいそーな奴」



そう吐き捨てて、ふっと消えた。

伸二さんは、ガラスの散った部屋にぽつんと佇んで、何事かを考えているようだったけれど。

やがて同じように、ふわりと消えた。



「ね、林太郎」

「ん」

「おじさん、パソコンか何か、使ってた、この部屋で?」



この事態の中、唐突な質問に林太郎は目をぱちくりさせて、それでも律儀に、使ってた、と引き出しから小ぶりのノートPCをとり出した。



「村議会の人とやりとりとか、せんとあかんかったし、つい数日前まで、元気な時は、よくこれで遊んでたわ」

「ちょっと、見たいサイトがあるんだけど」

「いいよ、ちょっと待ってや」



村長を起こさないようにそっと、ベッドの足元のほうにあるテーブルの上で、素早くログインをする。


< 82/ 154 >