ケータイ小説 野いちご

フレキシブル・ソウル

知らない人



「新っ、お願い」

「うわ、わ」



わ、と青空に浮かぶバレーボールを目で追いながら、うしろ向きに走った。

昼休みの日差しが、ボール越しに私を刺す。

目がくらんだ。



(南無三!)



目をつぶって、あてずっぽうに手をかざす。

よーし、という声が、クラスメイトたちからあがった。


見ればボールは無事に円陣の中に戻り、みんなの頭上で弾んでいる。



「伸二さん?」

「よくわかったな」



どこに向けたわけでもない呼びかけに、どこからともなく返事が来た。

そりゃわかる、だって私の指、ボールにさわってない。



「助かりました、ありがとう」



とたん、どさっと重たい音がして。

中庭の茂みに、死神が伸びていた。





「“ありがとう”だ」

「やめてくれ、耳鳴りがする」



伸二さんが渋い顔をした。

背後の校舎で、チャイムが午後の始業を告げる。


日陰のベンチで、紙パックのジュースを飲みながら、初めてこの死神に遭遇した時のことを思い出した。

そうだよ、あの時だって。

私は、ちょっとした親切のお返しに、お礼を言われたところだった。

そして伸二さんは、倒れてた。



「今まで気づかなかったんですか」

「言われることが、ないからな」

「お迎えありがとうって言ってくれるお年寄りとか、いそうじゃないですか…あ、すみません」



伸二さんが隣で、頭を抱えている。

まずい、うっかり口にするだけでも、効くのか。


< 47/ 154 >