ケータイ小説 野いちご

そんなに、可愛い顔すんな。~男子校は、ドキドキですっ!!~

番外編
ずっと、一緒にいてください。






「あのあと……。
家に帰って、あのパンフを破ろうとしたけど、どうしても出来なかった」



「…………」



「おまえの顔がチラついて」



「……あや……と……」



「それで、さ。
やっと、俺も……。
がんばろうかなって……。
思えたんだ」



「え?
絢斗?」




< 303/ 317 >