ケータイ小説 野いちご

秘密だらけ。

來(ライ)と弦(イト)


あたし達は、学校が終わると毎日、紅蘭の倉庫に行く。





「だぁー!!疲れたー!」





実弦が叫びながら眼鏡とカツラをとって、総長部屋にある大きなソファーに飛び込んだ。





「実弦なんて疲れないでしょ…。あたしなんてバリバリいじめられてんのよ?」




毎日疲れるったらありゃしない…。





「俺だって結構神経使うぞ?目立たないよーに目立たないよーに…って。」





あー、はいはい。



< 10/ 11 >