ケータイ小説 野いちご

嫌いだけど…

02.
圭side


  

コンコン

ガラッ

「すず、おきてるか?」




すずがいる病室にはいると

「ん?…圭ちゃん…なんでいるの?」


少し眠たそうに目を擦って

不思議がっているすず。




「何でって…お前なぁ、暁から聞いたんだよ」

「すずが入院してるって」




「新庄先生最悪」


頬を膨らませ横をむかれた。




最悪って…

「仕方ないだろ、家族なんだし」

「家族には、連絡しないといけないんだから」





< 62/ 151 >