ケータイ小説 野いちご

月影と呼ばれる少女 番外編完結

2


只今絶賛めんどくさい中。



遡ること数分前。


あたしは、喉が渇いたから自販機に向かった。


戻ろうとした時あたしを見てパンダ(ユユ)がいきなり悲鳴をあげた。


すると直ぐに青嵐登場。


そしてパンダが
ユ「いっ息吹ちゃんが姫を辞めろって睨んでくるの」

って言ったもんだから馬鹿な青嵐がキレ始めた。


はぁ...めんどくせぇ...


雷「てめぇ何したんだよっ‼︎」

あたしの胸ぐらを掴んでいる馬鹿は高山雷。幹部だ。


そして冷たい視線を送ってくるのは、総長の速水新と副総長の春川爽。


あたしを心配そうに見るのは、海と陸。








< 18/ 173 >