ケータイ小説 野いちご

【完】俺の言うこと聞けよ。〜イジワルな彼と秘密の同居〜

*琉衣くんが笑った


「違う!!カット分厚い!!」


「は、はいっ!」



「絞りのサイズちげーだろこれ!!

何見てんだよ!!」


「ごめんなさいっ…!」



「やる気あんの!?お前」


「…あります!!」



朝から晩まで立ちっぱなし、怒鳴られっぱなし。

その日も土日仕事はボロボロだった。


琉衣くんは鬼教官のごとく私を監視し続ける。


久々に心が折れそうになった。



平日と違って土日は丸1日お店に入る。


やることもたくさんあるし、お店が混むからみんなピリピリしてる。


私は要領よく動けなくて、そのたび何度も琉衣くんのカミナリが落ちた。


慣れない焼き菓子がうまくできない。


流れが未だにつかめない。


むしろ私がみんなの足を引っ張ってるみたいで心苦しい。



< 100/ 388 >