ケータイ小説 野いちご

呪いの血文字~少女の復讐~

俊介side
離別



「悪いけど、俺」

俺、馬渕俊介は仲良し___だったメンバーに告げた。

「もう、お前らと一緒にいるの辞めるから」

七葉の顔が青ざめるのがわかった。

相当、ショックを受けているみたい。



___ショックだったのは俺のほうだよ…!

七葉と伸行に何があったのか。

2人とも何も答えてくれない。

___俺ら、友達じゃねぇのかよ。

< 179/ 361 >