ケータイ小説 野いちご

幼なじみの溺愛が危険すぎる。(後編)

モヤモヤした気持ち

夕飯の時間、ハンバーグを食べながらご機嫌の玲音をちらりと盗み見る。


「りりちゃん、めっちゃ美味いっ!

俺、絶対りりちゃんのハンバーグが世界一美味いと思うっ!」


「じゃ、明日のお弁当にもいれておくね?」


「ホントに?!やったっ!いい嫁もって俺って本当に幸せ者だ~♪」


「嫁じゃないけどね?」


「じゃ、彼女かな♪」


「……でもないけどね?」


できる限りの冷たい視線を玲音に送る。


「相変わらずつれないなあ♪

でも、俺はりりちゃんのこと大好きでしょ?

それで、りりちゃんも俺のこと好きでしょ?」


「幼なじみとしてね?」


「ってことは、俺たちは相思相愛ってことだから、なにしてもいいってことだよね?」


「どうしてそうなるの?」


「今日学校で習ったじゃん。3段論法ってやつ」



「……ホントに授業聞いてた?3段論法が泣いてるよ?」



< 59/ 203 >