ケータイ小説 野いちご

爆笑カップルでやってみよう。

爆笑カップルでやってみた結果




文化祭が終わってやっと落ち着いた日々がやってきた。


秋も中頃、少し肌寒くなってきた。着ているセーターはちょっとダボついてる。



隣では朔がうたた寝をしていた。


勉強するときにつけている眼鏡を、なぜか今しながら寝てしまいそうな朔。



…とってあげよう。




そう思い、手を伸ばしたときだった。








「…なに。襲うの?」








眼鏡をとろうとした手は朔の手につかまった。




< 54/ 73 >