ケータイ小説 野いちご

あのね、楓くん。*幼馴染との関係

あのね…。
楓くん?








「ごめんなさい」


「あー…うん。まぁ、こうなるよね…」





あはは。と、元気なさそうに笑ってきた相手は、昨日あたしに告白してきた福なんとかって人だ。





「福なんとかくんの気持ちは嬉しいけど、昨日初めて知ったから」




ごめんね。と、また言えば、福なんとかって人はズコッとスベった。





「俺、福原だから。
…てか、昨日初めて知ったとかまじかよ…」




しゃがんでぐしゃぐしゃと髪の毛を掴んだ福原くん。



あたしもう帰っていいかな?

楓くんに終わったら報告してって言われてるんだよね。





「あの、」


「桂木さん!」


「は、はい!」





スクッと立ち上がって、いきなり苗字を呼んできた福原くんに返事をする。






「よければ俺と友達になりませんか!!」







ビシッと片手を出してきた福原くん。







…こういう時ってどうすればいいんだ?



< 8/ 12 >