ケータイ小説 野いちご

ラグタイム

Ragtime1◇男になります!?
◇藤本大輔目線◇

夕貴の後ろ姿が見えなくなったのを確認すると、俺はズボンのポケットに入れていたスマートフォンを取り出した。

電話の着信が1件きていた。

画面をタップすると、“真渕雄大(マブチユウダイ)”と名前が表示された。

俺の幼なじみで、朝貴の捜索を依頼した探偵だ。

警察は彼の捜索に協力をしてくれなかったため、雄大に依頼するしか他がなかったのだ。

何かわかったことがあるかも知れないと期待を抱きながら、俺は雄大に電話をかけた。

「はい、『真渕探偵局』です」

雄大の声と爆音が電話越しに聞こえた。

一体どこにいるんだ?

「俺だ、大輔だ」

そう思いながら名前を言った俺に、
「おう、大輔か」

雄大が嬉しそうに言った。

< 53/ 340 >