ケータイ小説 野いちご

竜王華伝 (完)

第一幕 *あたしの立場*
«天使君»side

«天使君»side

「もしも~し♪竜~?」

「あぁ。なんだ?」

「無事、接触したよん♪あとー、ナントカいぶってやつにもね!」

「ナントカって……。はぁ。で、どうだった?」

「んー、赤間桃葉?桃っちはね~、死んでたよ♪」

「おー」

「なに?その態度!!もー、いいもんね!切るよーだ」

そして、電話を無理矢理切る。

赤間桃葉…ねぇ。

それにしても、我らの王様が気に入った女の子にしては……。

また、珍しいタイプ。

< 43/ 628 >