ケータイ小説 野いちご

竜王華伝 (完)

第一幕 *あたしの立場*
桃葉side

「あ…。また、か…」

靴箱を開いたは良いが

またいつものように…。

上履きはない。もう慣れたよ…。

何回目?そんなのあたしが知りたい。

みんな、見てみぬフリ…。

気づいているくせに…知っているくせに。

所詮、あたしたちってその程度なの?

< 2/ 628 >