ケータイ小説 野いちご

for you …

第1章 1年目 春
~初めてのオペ~

―――――――――オペ当日

ピッピッピッピッピッピッ

「これより、手術を開始します。

メス!」

(いよいよ始まった、、、大丈夫だ。
何度もシュミレーションした。フゥ、、、
それに、俺が執刀するんじゃないし、、、

イヤ、執刀はしないが助手なんだ。でも、、、もし…)

「おいっ、研修医。焦るな、慌てるな。
落ち着け、大丈夫だ。無事に終わるさ。」

ピッピッピッピッピッピッ………


数時間後――――――――

ガラッ………家族が待っていた、、、

「手術は無事に終了しました。あとは、元気に回復するのを待つだけですよ。安心してください。」

家族は涙を流しながら、こういった。

"ありがとうございました"

< 5/ 167 >