ケータイ小説 野いちご

君はあたしの天然王子

*9* 恋に必要なモノ




あたしは泣き顔のまま家に帰った。


あ…家には誰も居ないみたい…



良かった…こんな泣き顔、いくら家族でも見られたくないもん。




と思ったら…




「美奈ぁぁぁ!!?どうして泣いてるんだぁーー!?」


「お兄ちゃん!?」



ゲッ…居たんかい。



「なんで泣いてんだ!?イジメか!?」


「違うよ…そんなんじゃない」



何でよりによって、こんな日にお兄ちゃんが居るのよ…最悪。



「何だ?失恋か?」


「ッ………」

「え?マジ?」



あたしの目からは また涙が流れてくる。




「もう…無理だもん。ほっといて」



あたしが二階に行こうとしたら、お兄ちゃんに手首を掴まれた。








< 76/ 240 >