ケータイ小説 野いちご

君はあたしの天然王子

*8* 彼の好きな人




―放課後…




あたしは何回も深呼吸を繰り返す。


よし!行くぞ!



「な…尚陽くん!」


あたしは、席で本を読んでいた尚陽くんに声をかけた。



「ん?何?」


「あのっ…」



うわあぁ…いざとなると言葉が出てこない…


でもっ…


頑張って誘うのよ、美奈!!



「尚陽くん!良かったら今から…一緒に、どこか遊びに行かない…?」




おしっ!!


言えたあっ!!



あとは尚陽くんの返事を待つだけよ!




「今から…?」

「うん…。ダメ…かな?」



―ドキドキ…







「ゴメン。今日はちょっと無理だなぁ…」





えっ…








「あ…あはは…そっか…じゃ…バイバイ…」


「うん!また明日~」


そう言って尚陽くんは教室から出ていってしまった。





< 67/ 240 >