ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

未定

17歳



_奈々side









あるかも分からないようなものを、私はずっと捜している。



「ねぇー」


随分と伸びた声に後ろを振り向けば、派手な格好をした金髪の男。




『…何』


見ただけでも分かるその傷んだ金色は、こんな夜の外で薄暗いからだろうか。


顔と不釣り合いなその色はとても滑稽なものに見えた。



「こんなとこ居たら、危ねーよぉ?」


この語尾が伸びたような独特な喋り方。

それに焦点が合っていないような目線の移り方。


酔っ払いか


私の大嫌いな人にそっくり。



無意識にはぁと、小さく溜め息を落としていた。




< 1/ 9 >