ケータイ小説 野いちご

【オムニバス短編】それぞれの大晦日 → 新年

デレデレ狼と逢えない赤ずきん


「賢斗くん、ごめんねっ」


冬休み前の昼休み、学校の奴らから赤ずきんと呼ばれる美少女、赤槻郁(アカツキ イク)は俺に謝罪をした。

俺は気がつけば郁から下の名前で呼ばれている。


「ごめんって、なにが」

「お正月、初詣に行こうって誘ったじゃん」


大神賢斗(オオカミ ケント)。不良高校生というレッテルを貼られて、一匹狼になった高2の俺は同じクラスの美少女、郁に告白され、色々あって、付き合っている。


「初詣の話は初耳なんだけど」

「そうだっけ?じゃあ、初詣一緒に行こう!」

「別に、いいけど」

「でもそれがダメになったの!」


郁は(´・ω・`)の顔文字の様にしょぼんとする。

俺みたいな奴は郁みたいな可愛い女子と不釣り合いだから、俺は郁に嫌われる為に日々努力をしている。

でも郁に惹かれている俺もいた。


しょぼんとする郁に食べてしまいたい位の愛しさを感じるが、そこを隠しつつ会話を続ける。


「なんで初詣行けないの?」

「パパの実家に帰ることになったの」

「帰省ねー。千葉県?」

「違うの。オーストリアなの」

「オーストラリアかー。あんまり時差無いし」

「オーストラリアじゃなくて、オーストリアだって」


郁はくすくすと笑う。


「大晦日辺りからウィーンに向かうから、日本にいないの」

「そうか。まぁ、寂しくなんか無いけどな」


俺はそう言いながら郁の手作りドーナッツを口に入れた。

甘くて、ふわふわして美味しい。



< 19/ 26 >