ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青空の下月夜に舞う

真実と嘘






「久しぶり」




その時。


目の前に止まった黒の車。

助手席の窓がゆっくりおりて。
自然と私の視線も車に釘付け。


ハッと息を飲んだ。




「ドライブ、する?」



見つめられて。体が動かない。

穏やかな笑みを浮かべる表情とは、正反対。



射抜かれる視線。

冷たい瞳。




「ゆ……だ、い」






風に靡く髪が揺れ、暗闇に浮かぶ雄大をより浮き彫りにする。

< 124/ 319 >