ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。

5*彼の好きなひと




一日の締めくくり。部屋の明かりを消して、ベッドに入って、瞳を閉じながら必ず今日あったことを思い出す。


昨日までは『先輩からライン来てないかなぁ』とか、『先輩とのこれから』とかいろんな先輩のことを考えていたのに。


今日は清瀬くんとの出来事を思い出してる。


朝、電車で会って、丘で一緒にご飯を食べたこととか。


途中いろんな面白いことがあって、二人とも笑ってたこととか。


先輩のことも、相談してしまった。



『会いたいとか、寂しいとか。そうゆーの、受け止めるのが男だからさ!』


『それでもダメで辛いときは俺に甘えてもいいよ。俺も男だし。我慢すんな』



男らしい、言葉。力強い声と目線。


励まされて、思わず泣いちゃった。



『くっふふふ!』



……そしてなにより清瀬くんの笑った顔が脳裏に焼きついて離れない。


太陽という名前に負けないような明るい笑顔。


人懐こくて、好感を持てる愛嬌の良さ。


一緒にいて楽しくて仕方なかった。



< 66/ 213 >