ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。

13*好きな気持ちを素直に




なぜかはわからないけどあの日以来、私と清瀬くんの間に見えない壁を感じるようになった。


お互いがお互いに遠慮しているような、そんな感じ。


電車で会っても、お互いにぎくしゃくしている。


そして放課後の勉強会の約束も、清瀬くんが「自力で頑張るわ」と言ったので行かなかった。


優しい清瀬くんのことだから、先輩とよりを戻したと思って遠慮してくれているのかもしれない。


……こうやって距離ができていくのかな。


でも、それもいいのかもしれない。


私は清瀬くんが好きだから。


距離ができて、時間が経って。
そうしていれば自然と忘れられるのかもしれない。


今はそんなことできる気は1ミリもしないけど。


辛くても、苦しくても、好きなことは自分の意思でやめられることじゃない。

自分の気持ちなのに、コントロールできない。



「本当に行かないの?」


「なにが?」


「太陽たちのライブだよ」



まただ。


こうして毎日のように昼休みや放課後など、ことあるごとに同じことを繰り返すユカにため息を吐く。


どうしてユカはそんなに私にライブに行くようにすすめるの?



「行けないんだもん」


「先輩とデートだから?」


「……うん」




< 192/ 213 >