ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。

7*キミに知ってほしい




「修二先輩、彼女と別れたんだって!」



私と先輩の破局のウワサは、またたく間に全校生徒に広まった。


私が振ったとか、振られたとか。


やっぱりみんなそんなスキャンダラスな話題が大好きみたい。


……振ったとか振られたとかそんなのどっちでもいい。


恋が終わったことに、変わりはないから。


ーーキーンコーンカーンコーン。


6時限目。体育の時間。


体操着に着替えた私たちは体育館へと移動していた。



「今週の体育は来週の球技大会に向けて1組、2組の合同で行います」



先生の言葉にチラッと男子の方を見た。


短いクリーム色の癖っ毛の髪。


先生の話をよそに周りの男子と楽しそうに話をしているのは、清瀬くん。


まさか清瀬くんのクラスと合同だなんて……。



< 100/ 213 >