ケータイ小説 野いちご

君のココロの向こう側

ココロ、きゅう。

急いで家に帰って、コートを脱ぐこともせずクローゼットを開けた。



「確か……この奥の筈……っ!」



手探りで暫く探していると、何か固いものが手に当たった。

それを引っ張り出し──



「あった……!」



高校を卒業してから、一度も開くことのなかった卒業アルバム。

怖くて仕舞い込んでたけど……今はそれを開く理由がある。



「……ふう」



大きく息を吸い込んでから、アルバムを開いた。

懐かしい写真とか……沢山あるけど、今はそんなのに用はないの。



「どこかに挟んだ記憶はあるんだけど……」



ぱらぱらとめくっていき、目当てのものを探す。

その途中、懐かしい写真が目に飛び込んできた。




< 94/ 127 >