ケータイ小説 野いちご

君のココロの向こう側

ココロ、に。

今でも偶に夢に見る。

泣いていた君と、強がった私の姿。

そして、ゆっくりと離れていった手を。





遅出だった私は、出勤してすぐ、長い髪を束ねて今日の連絡を確認した。



えっと……今日は歩美ちゃんがお休みで、智也くんのお迎えがお母さんじゃないんだよね。

私が受け持ってるのは5歳児だから1歳児の智也くんのこと詳しく知らないけど、遅い時間はみんな一緒にお迎えを待つから、ちゃんと把握しておかなきゃ。



「……よし」



一通りチェックし終わり、教室へ向かう。



「あ、峰先生!おはようございます」

「おはようございますー」



一緒にクラスを持ってる先生に挨拶をし、仕事にかかる。

どんなに疲れてたって、この子達の笑顔を見られたら幸せなんだよなぁ。




< 6/ 127 >