ケータイ小説 野いちご

五冠王の奇跡Ⅱ

五冠王の奇跡

それって結局私のせいじゃん



私があの事件があって以来消えた存在として過ごしてるから


結局私は自分しか守れないのかもしれない



雅を守れたときは少し自信が戻った


だけどまた




< 63/ 133 >