ケータイ小説 野いちご

呪い~選択の過ち~

夜の学校

そして、めんどくさい1日の授業が終わり、

今は夜中12時。

私は、校門前まで来た。

「あ~!彩乃!やっときた!」

「え!?やっとって、そんなに遅れた?」

結構早く出てきたつもりなんですが。

「いや、美緒が早く来すぎなだけだ」

えーそうなんですか。

確かにまぁ美緒は10分前行動!って感じの子でした。忘れてた。

「じゃあ皆来たし、行こっか!」

「うん!」

「おう」

なんか寒いな。真夏なのに。

毎日見て、見慣れているはずなのに、全てが別物に見える。

怖いのは好きだけど、肝試しは初めてだな。

とても静かすぎて、耳がキーンとする。

「よし、着いたね。入ろっか」

ーガチャン

「あれ、開かない」

< 5/ 16 >