ケータイ小説 野いちご

ただ、愛したい

君と私






『ねぇ…なんで昨日、来なかったの。』





シンっとした空間の中で、私は携帯をいじる裕弥に向かっていった。










「なんでって。メールで上司と飲みに行くって言ったじゃん。」





裕弥はそう、そっけなく言うとガタンと立ち上がって寝室へ向かった。






私はそれを追いかけるように、リビングから出るとゆっくりと口を開いた。





『だって私……』












“裕弥が知らない女の人と歩いているの見ちゃったんだもん。”





そう言いたかったけど、言葉が喉につっかかってうまくでてこなかった。






< 1/ 8 >