ケータイ小説 野いちご

浮気彼氏から奪うオトコ。

○ 奪うオトコ ○
「戻って来いよ」







―1週間後。


相変わらず廣クンとは、話すことがなかった。

柚希とずっと一緒にいたからなのか、功クンといたからか分からないけど。

時折廣クンは悲しげな表情を浮かべていた。





「ほらほら、行くよ!妃鞠っ」


柚希が元気よくあたしを呼んだ。

その声に我に返る。



「あれ、もう放課後…?」

「そーだよ!全く、妃鞠はぁ…」

「あはは、んでどこに行くんだっけ?」

「今日は功ってヤツと、花火大会があるからって、おめかしするんでしょ?」

「あぁ、そうだった」



功クンとは友達のまま。

この1週間、功クンはずっと傍にいてくれた。

泣きそうになったら、静かに抱きしめてくれて。




他愛のない会話をしている内に、廣クンに対して、罪悪感が減っていた。




このままの距離を保つべきか、

廣クンを諦め付き合うべきか、未だに分からない。



< 54/ 313 >