ケータイ小説 野いちご

神様修行はじめます! 其の四

お岩さんの恋


その後しばらくの間、あても無くブラブラと歩き回って。


あたし達は散歩を終えて、屋敷に戻った。


「お帰りなさいませ。浄火様。天内のお嬢様」


セバスチャンさんが玄関先で待っていて、お出迎えをしてくれた。



「お客様におもてなしもせずに、申し訳ございません」


「気を遣うなって。当主が病気じゃいろいろ忙しくて大変なんだろ? あんたも」


「お言葉、痛み入ります。さぞお疲れでございましょう。中へどうぞ」



あたしと浄火は屋敷の中へ通され、それぞれの部屋へ案内される。


「それじゃ里緒、また後でな」


あたしの部屋の前で、浄火が手を振って廊下の奥へと消えていく。


その後ろ姿を見送ってから、あたしはしま子と一緒に自分の部屋へ入った。



畳の上にヘタンと座り込み、なんとなく、大きく息を吐く。


そして室内をぐるりと見回した。



十畳ほどの広さの和室。


床の間の掛け軸の花の絵や、違い棚の黒い香炉が、素朴ながら品が良い。


床柱も質のよさそうな化粧材で、木目の流れがまるで絵画のようだ。


欄間の彫刻も松や竹や梅をあしらい、丁寧で凝っている。


いい部屋だなあ・・・。



しま子が、大きな手で器用にお茶を入れてくれている。


急須から注がれる緑茶の音と香りが、なんだかホッとさせてくれた。


机の上で頬杖を突きながら、ぼんやりと湯気を眺める。


< 83/ 697 >