ケータイ小説 野いちご

神様修行はじめます! 其の四

たったふたりの生き残り


悲しくて悲しくて。


あたしはお岩さんにすがり付き、グスグスと泣き続ける。


お岩さんは慰めるように、あたしの髪を優しく撫でてくれた。



牛車の中は会話も無く、ガラガラと響く車輪の音以外、何もない。


でもあたしの耳には、お岩さんの鼓動の音が穏やかに聞こえていた。



そうして泣き続けているうちに、やがて少しは気分も落ち着いてきて。


あたしは手で涙を拭きながら、身を起こす。


そしてお岩さんに、小さな声で感謝の気持ちを伝えた。


「ありがとう、お岩さん」



お岩さんは微笑みながら、首をゆっくり左右に振る。


さっきまで聞いていた心臓の音みたいに、その表情は優しくて穏やかだった。



「ほんとにゴメンね。迷惑かけちゃって」


「迷惑なんて、とんでもないですわ」


「しばらく、権田原にご厄介になります。よろしくお願いします」



ペコリと頭を下げるあたしに、お岩さんはコロコロと明るく笑って言った。



「ちっとも厄介じゃありませんわ。実を言うと、ありがたいくらいなんですのよ?」


「え? なんで?」


「これでしばらく、わたくしの婿選びから解放されそうですもの」



あぁ・・・そういえば。


お岩さんも結婚相手をずっと探しているんだったっけ。


なかなか良い相手が見つからないってボヤいていたけど、まだ決まってないのか。



「さすがにそろそろ、決めなければならないのですけれど」


「お岩さんが好きになれそうな人って、いないの?」


「・・・・・・・・・・・・」



お岩さんは一瞬の間のあと、短く「ええ」とだけ答えた。


< 69/ 697 >