ケータイ小説 野いちご

神様修行はじめます! 其の四

常世の女たち


―― ポリポリ、バリン、ズズー・・・


あたしの私室に、集団で天ぷらそばを啜る音が充満している。


それとお岩さんが持ってきた、たくあんの漬け物を齧る音が。



あたし達は仲間のみんなで、机を囲んでお昼ごはんの天ぷらソバを食べていた。



あの後・・・

あたしは、ひとしきり大泣きした。


泣いても泣いても、どれだけ涙を流しても、まったく気は晴れなかったけど。


ついに涙も枯れて、疲れて放心しているあたしに、絹糸が話しかけた。


「ほれ小娘、部屋へ戻って昼めしを食うぞ」



そこで仲間たちは全員、ひとまずあたしの部屋へ集まる事になった。



「許せ、小娘よ。我の手落ちじゃ」


絹糸が小さく息を吐く。


「永久の結婚話にばかり神経をとがらせておったが、信子に裏をかかれたわ」



絹糸はそう言って悔しがるけど、それは無理も無い。


だって本来なら、毛嫌いされてるあたしに縁談なんか、くるはずもなかったんだから。


浄火の出現は、当主たちにとっても大歓迎だったろう。


門川君からあたしを引き離す絶好の理由になるから。



「里緒・・・」

「・・・・・・・・・・・・」


「里緒」

「・・・・・・・・・・・・」


「いい加減、体育座りしながら爪でカリカリ壁を引っ掻くの、やめてくれない? こっちの気が滅入るんだけど!」


< 51/ 697 >