ケータイ小説 野いちご

神様修行はじめます! 其の四

もう逃げられない


いや、だってだって、逃げるもなにも。


あたしはただ当たり前に「結婚しません」って言っただけだよ?


なのになんで、こんな発狂した危険人物みたいな目で見られなきゃならないの?


「小娘よ、お前には理解できぬのかもしれぬが・・・」


目をパチパチさせてるあたしに、絹糸が渋い声で話しかけてきた。


「有り体に言って、お前に決定権は、無い」


「・・・・・・・・・・・・」


へ? 

・・・・・・無い?


あたしは目を丸くしたまま、首をカクっと傾げた。


絹糸が何を言っているのか、まったくピンとこない。


< 36/ 697 >