ケータイ小説 野いちご

神様修行はじめます! 其の四

天内の血


あたしの目だけじゃなく、口まで大きくパッカリ開いた。


滅火の一族の、まつえい・・・?


あたしの、結婚相手・・・?



なに言ってんの、このババ。


突飛すぎて、とても日本語を話しているとは思えない。



「信子よ、冗談も休み休み言うがよいわ」


言葉の出ないあたしに変わって、絹糸が不機嫌そうに言った。



「天内の血は、絶えた。この小娘が最後の生き残りじゃ」


「絶えてはおらぬ。もうひとり、生き残っていたのだ」


「ほぉぉう? どこにいると言うのじゃ?」


「ここだ」



ハッキリとした声が、広間の端の方から聞こえた。


門川君とは違った声質の、良く通る力強い声。


その声と共に、ひとりの男がこちらに向かって颯爽と歩いて来る。



見開かれたあたしの目に、その人の羽織の臙脂(えんじ)色が飛び込んできた。



赤よりも深く、茶よりも鮮やか。


茜よりも力強く、まるで、燃える血の意思のような紅花染め。


これぞ臙脂色。 としか言い表せない、そんな見事な色だった。



「あれは天内の正式な血筋を表す、色印・・・!」


絹糸の、息を飲む音が聞こえた。



その臙脂の羽織を着た人物が、大股でズカズカと近寄ってくる。


そして、あたしの目の前でピタリと立ち止まった。


あたしはその人の顔を、ポカンとして見上げるしかない。


呆けている耳にババの声が聞こえて来た。


「その男が、天内 浄火(じょうか)だ」


< 21/ 697 >