ケータイ小説 野いちご

神様修行はじめます! 其の四

進め! 宝船!


「・・・て、カッコ良くキメたわりには、あたしたちって見っともなくない?」


誰にも見つからないよう、頭を下げてへっぴり腰でコソコソ移動。


人影を見るたびビクビクしながら、ようやく船の間近まで近づいた。


菜の花畑の中に身をひそめ、宝船を見上げる。


「これではまるでコソドロですわ。わたくしの品性に傷がつきますわ」


「まるでコソドロっていうより、まんまコソドロなんだよお岩さん」


目立つわけにはいかないんだから、隠れて隠れて。


みんな隠れ・・・・・・


「・・・しま子・・・」

「うあ?」

「あの、もうちょっと小さくなれない?」


一面の黄色い花畑の中に、ひときわデカい小山のような、真っ赤っかーな鬼の体・・・。


元々が巨体なもんで、小さくなるにも限界がある。


いやあ、黄色と赤のコントラストって異様に目立つわー。


これじゃ隠れてる意味がない。


「・・・うああぁ~~・・・」


「い、いいよいいよしま子。無理なこと言ってごめんね?」


さて・・・と・・・。


立ち上がって見上げても、つくづくデカいわこの船。


素朴な里山の風景に、デーンと居座る豪華船って違和感丸出し。


「それにしてもどうやって中に入るのかしら?」


「出入り口らしい部分が見当たらないね」


仕掛け扉とか? 呪文を唱えると扉がパカッと開くとか?



< 187/ 697 >