ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

学年1の美少女に恋をした。

突然現れた天使

今日は転校生がくるらしい。

学年集会に整列して向かう。

「えー、それでは次に転校生の発表をします。中原マナさん、どうぞ。」

中原さんて転校生は俺のクラスにくるらしい。

新しい仲間はどんな子だろうな?とクラスがざわつく。

静かな足音とともに、中原さんは姿を現した。

ざわつきが消え、みんなの視線が転校生に集中する。

えっ…まじかよ、何あの子、みんなが驚く。

それもそのはずだ。

中原さんは、この世に天使がいたら、あんな子かなというような子だった。

150cmくらいの小柄な女の子だが、制服からのびた手足は、細くて長い。

今にも折れてしまいそうな儚さを感じる。

真っ白な肌に、みんなの視線に緊張してしまったのか、赤らんだ頬。

吸い込まれてしまいそうな、大きな瞳。

ストレートの綺麗すぎる胸までのびた髪の毛。

< 1/ 7 >