ケータイ小説 野いちご

元殺し屋と、殺し屋

第1章~私、殺し屋じゃありません~
私が殺し屋になったわけ。












☆☆☆






「ピピピッピピピッ」




静かで、まるで目覚まし時計ではない音。

でもこの音、目覚まし時計です。

私、目覚まし時計なしじゃ起きれないから。






「ふわああぁぁぁ・・・」




大きな欠伸をして、私はベッドから降りる。

眠いけど、今日は遅刻してはいけない日だ。




私は軽い朝ごはんを作り、制服に着替えた。

私は今日から高校生。

今日は入学式なのさっ!

私みたいな馬鹿でも、行けるような学校。

入学試験は大変だったけど、なんとか無事合格。

今日から、私のハッピー高校生ライフがスタートするわけさっ!




にしても、憧れの高校生かぁ。

友達とファーストフード店に放課後寄ったり。

お昼休みには友達と机を並べてご飯食べたり。

お休みの日にショッピングに出かけたり。

テスト前には勉強教えあったり。









< 5/ 285 >