ケータイ小説 野いちご

元殺し屋と、殺し屋

プロローグ~突然の出来事~












それは、

突然の電話だった。











「プルルルルー」

「え?一体誰よ、こんな時に」




私は持っていた銃でターゲットの頭を撃ち抜き、相手は倒れた。

銃をケースに仕舞いながら、私はスマホをポケットから取り出した。

出ようとすると、耳元につくイヤホンから、氷(ひょう)さんの声がした。




〈ダーク。仕留めたのか?〉

「うん、まあね」

〈なら早く帰れ。長居は無用だ〉

「はーい」



ターゲットの出ているお腹の上に、黒い紙にダークと英語で書かれた紙を置いて、歩き始める。

明日には『再びダークの犯行ですっ』って騒がれるのかなぁ?

フフフ、楽しみね。




その間も、電話は鳴り響いている。

軽く舌打ちしてから、私は電話に出た。










< 1/ 285 >