ケータイ小説 野いちご

生贄七人、ながし雛

3月5日

 気がついた時には、私は真っ暗なところにいた。右を見ても、左を見ても真っ暗。

 空気がねっとりしていて、身体にまとわりついてくる――そんな気がしてならない。

「……ほ……、し……ほ……」

 誰かに名前を呼ばれたような気がした。ぐるぐると周りを見回すけれど、声がどこから聞こえてくるのかわからない。

「どこから声がするんだろう」

 ……だろう……ろう……ろう……うぅ……。

 私のつぶやきが、わんわんと反響して聞こえてくる。真っ暗だからよくわからないけれど、広い空間だと思っていたのに。

「……し……ほ、し……」

 それなのに、比奈子の声はどこからともなく響いてくる。声の発生源はどこなのかもよくわからなかった。

「比奈子! どこにいるの?」

 なこ……こ……。いるの……るの……の……。

 暗闇の中に響く声に返事をしてくれる人なんているはずもない。私は、あてもなく歩き始めた。

< 14/ 31 >