ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

五つの顔を持つ私

お願いだから、振り回さないで





「今日は転校生がいるぞー」

気だるげな担任の声に騒ぎ出す教室内。

私の前の席の龍神の幹部達も心無しか興奮しているようだ。

無理もない。 美麗に続いてまたもや転校生。しかも男。

最近やたらと転校生が多いし、こりゃあ、龍神としては格好のエサだろう。

今すぐにでも勧誘したいに決まってる。

でも残念、勧誘は失敗ね。

普通の男なら即座に食いつくことだろう。

何せ全国No.1の龍神だもの。

でもそれは“普通の男”の場合。

今から入ってくる男はどこをどう転ばせても“普通の男”なんかじゃない。

なんたって。

「二階堂仁です」

平気で拳銃や刃物を造って売り捌きそれを糧として生きてるような男だもの。




< 115/ 120 >