ケータイ小説 野いちご

花の名は、ダリア

散らない花は美しいか


静かだ。

あまりに静かだ。

ココにいると、喧騒も賑わいも…
親しい人の動向も、なかなか耳に入らない。

まるで世界から隔絶されているようだ。

『まるで』なんて言ってはみたが、事実、そうなのかも知れない。

こんな、病んだ挙げ句に病原菌を撒き散らす身体では、行く場所はもちろん、帰る場所さえもないのだから。

この肉体はもうすぐ朽ちる。

おそらく六月までもたないだろう。

食欲なんて皆無に等しいし、微熱続きで倦怠感が半端ナイ。

少し前まで盛大に出ていた咳も、今では体力が衰退しすぎて力なくコホコホ言いやがる始末。

なのに喀血だけは、現在進行形で盛大だ。

もう、ね。
コレ、ナンテ呪い?みたいな。

まぁぶっちゃけ

『コレ、労咳じゃないデスヨー
アナタ、呪われてマスヨー』

とかなんとか、胡散臭い心霊研究家に言われたとしても、

『デスヨネー』

なんて納得してしまうであろう人生を送ってきた。

だって俺、人斬りだもん。

公になっているのから、なっていないのまで。
敵の倒幕派から、道を違えた身内まで。

そりゃもう大概な人数をバっサバっサ斬ってきたもん。

100万回呪われても、致し方ねェわな。


< 2/ 501 >