ケータイ小説 野いちご

愛しても愛されない

昼と夜の間。


「…あ、河原タクシーさんですか?一台お願いしたいんですけど… あ、真耶です…10分後ですねお願いします。」

私はもう、名前を言っただけで来てくれるほど河原タクシーの常連客になっていた


あと十分で準備を終え静かに家の外まで出なければならない

焦る気持ちを抑え最後に髪にスプレーを
振りかけ仕上げをした


部屋の電気を消し、まるで泥棒のように
静かに階段を下り靴を持ち裏口から外に出る

< 2/ 26 >