ケータイ小説 野いちご

Life in being 〜余命〜

Remainder ten months 〜残り10ヶ月〜
隣に


「…知りたい?」

弘樹はそう言った。

私を試すような、そんな目で。

なんだかその目が怖くて、聞くのが急に嫌になった。

「…やっぱりいい。」

「あっそ…。」

なんか、こいつのいいように逃げられた気がする。

言葉の誘導みたいな?

まるで、私にこのことをいいたくなかったみたいな。

そんな感じがした。

何かある。

弘樹は絶対何か隠してる。

それは分かってるのに、聞けなかった。

聞いてはいけない気がして、聞けなかったんだ。


< 27/ 62 >