ケータイ小説 野いちご

必死に何度も

彼の病状





「非常に残念なお知らせがあります」









と、不意に先生が口を開いたのは
私が彼に興味をもってから一週間
経った日のこと。








「ずっと休んでいる44番の彼は
末期ガンでした」


って。



「もう学校にも来れないみたいです」



って。




そう、言ったんだ。

< 4/ 29 >