ケータイ小説 野いちご

ー 遥彼方 ー 新選組と共に……

現代



  杉浦 遥  20歳 162cm 50kg

  高校卒業後、陸上自衛隊に勤める

  お父さんが陸上自衛隊の幹部であることから、七光りと呼ばれる遥は、容姿端麗、文武両道…  お父さんの幕末好きで家の中は新選組グッズが飾られる程…遥も幕末を無意識に勉強しちゃっていたのだ。


 アメリカがとある国と戦争している為、

  遥は敵国に来てアメリカの援護をしていた

  父は反対したが、私はこの国の子供達を助けたくて無理やり説得し、戦場を訪れていた

  遥「暑い…空気は乾燥してるからジメジメ感はないけど、砂埃半端ないね」

  ヒロ「あぁ~~~…あぢぃ~~~」

  遥「明日…休みなんだぁ。街に行くの!」

  ヒロ「ちゃんと武装してけよ?」

  遥「分かってるって!!!」

  今日は視察だけだから、フラフラと集団で歩いてた

  ヒロは同期。社会人になって最初に出来た
友達。 毎日毎日みんなと飲みに行くから、お酒も強い…

  ヒロ「こっちの酒も楽しみだなぁ」

  遥「飲み過ぎちゃ駄目だよ?戦場なんだからね!」

  ヒロ「分かってるって!光」

  遥「光ってムカつくんだけど…」

  ヒロ「良いじゃん!俺結構好きなんだよね~~~~。光ってさ!」

  遥「小馬鹿にしてるよね…」

  ヒロ「そんなこと…ありますん!」

  遥「どっちだよっっっ!!!」

  
   ーーーーーーーーーーーーーー


  何事もなく、ただ埃まみれになった私は部屋でシャワーを浴びてビールを呑んでいた

  遥「明日は…町に出て…現状を見る…で、子供達と仲良くなる…」

  ガイドブックを見ながらビールを呑む

  3缶開けて…「物足りないけど…ヒロに言った手前飲み過ぎは良くないね……寝よっ!」

  髪も乾かさず、ベッドに潜り込んだ

  


  

< 1/ 411 >