ケータイ小説 野いちご

放課後は、図書室で密会

助けて、環方くん。





茅side



とある平日、放課後。

私はいつも通り、図書室の奥で環方くんと密会している。


「お前、今度は何読んでんの?」



環方くんは私の読んでいる本を指差して言った。



「護身術の本だよ。
自分の身は自分で守らねば、と思って。」


「へぇ~」


「ね、ねぇ。ちょっと試してみてもいい?」


「痛いのはやだ。」


「痛くないようにするから!お願いっ」


頭の上で両手を合わせる。


「まぁ、いいけど……。
あんまり密着すんなよ?」


「なっ……しないよ……」


なんでそういう方向行くんだよ……//



「えっと……じゃあ私の手首強く掴んで?」


「ハイハーイ」


ちょっとドキッとしたけど、
今は考えないようにした。






< 62/ 271 >